今回は国内で輸入販売をする時に結構使う英語フレーズについて紹介して行きたいと思います。私自身も英語は苦手で全然出来ませんが、海外業者と簡単な交渉やアライアンス提携、長期契約提携などは出来ます。英語に苦手意識がある方もネットをフル活用して輸出ビジネスや輸入ビジネス、海外アフィリエイト、海外向け士業ホームページなどのご活用ください!!早速良く使う物から見て行きたいと思います。

輸入時に使う主なフレーズ

最も使うフレーズ値下げ交渉!!

おそらく、海外旅行にいっても最も使うフレーズだと思います。値下げ交渉はビジネスをやる上では絶対に必要ですよね!?コツとしてはwin-win相手に以下にメリットを伝えるかがコツだと思います。一方的な値下げだと相手もいやがります、大きなロットで取引できない時は継続購買を相手方のメリットとして使うと交渉がまとまりやすいです。以下のようはサイトでも簡単なフレーズを紹介してくれています。

  • 旅行で使える英会話フレーズ 値段交渉(2)
  • weblio「値引き」

フレーズとしては以下のような感じで使います。

  • Could you give me a 5 dollar discount?
  • Would you give me a discount on the price?
  • Could you give me a discount? If you could, Make it 580USD, please.
  • Would you please include the freight rates to Tokyo in this price.
  • The price of other shops is five percent lower than yours.

日本に発送できる??

輸入をしていると次に使う頻度が高い文章としては国内に発送できるかどうかでしょう!これも中学生英語で十分通じますし、英語をするのが目的ではないので短い文章を並べて通じれば問題ないと思います。コンバージョンをさせる為の文章はクラウドソーシングサービス「Lancers」などでプロの方に任せるのが正解だと思います。数年英語を本格的に英語をやった程度の英語力ではセンスが無い限り微妙なニュアンンスが必要な成約(コンバージョン)までの導線を作るのは難しいです。日本に発送できるか?は以下のような文章を使えば問題ありません。片言英語で十分通じます(笑)

  • I’m interested in this item. can you send it to Japan?
  • I’m interested in this item. How much is the shipping to Japan?
  • Could you send this item to Japan. If you could, How much is the shipping cost?

まとめ

最低限「発送できるか?」「値段を安くできるか?」だけで交渉は出来ます(笑)あとは文章の語尾にthank youとつけたりイントロの文章でthank you prompt response:)みたいな文章をつければそれなりの文章が完成します。輸出ビジネスをする場合は実はもっと簡単かもしれません、既にお手本となる英語がネット上に沢山ありますのでそれらを組み合わせればホームページやECサイトは簡単に作れます。最近ではカラーミーショップ系のJugem Cartでも海外向けネットショップが月9ドルのランニングコストで作成出来ます。インターフェースはと殆どカラーミーショップ同じなのでカラーミーショップになれている方は使いやすいと思います!!最後にその他使えるツールを記載しておきます!

  • google translate
  • weblio
  • クラウドソーシングサービス「Lancers」

Lancersは英語の他に中国語や韓国語の翻訳家の方をリーズナブルな料金で活用できるのでおすすめです!!