こんにちは投資7です。今回はFXの為の経済知識として外国為替について書いて行きたいと思います。なお、関連記事として円高や円安については「円高・円安とFX」で書いていますのでそちらをご参照ください。

外国為替とは

為替取引
外国為替とは各国の異なる通貨を交換する事を指します。そして外国為替の取引が行われている所をまとめて外国為替市場と言います。

2015年現在の日本では円とドルの関係のように為替相場が日々変動して行く制度である変動相場制が導入されています。1ドル=360円に固定されていた固定相場制の時代に比べると為替変動が経済に与える影響は大きくなっています(2015年現在でもペッグ制と呼ばれる固定相場制が導入されている国も多くあります)。

為替レートの決まり方

為替レートは一般的なものの値段と同様、需給によって決定します。円を欲しい人が多ければ多いほど円高に進み、円を欲しい人が少なければ少ないほど円安に進みます。

先生(左)

例えば日本の自動車会社等は多くの製品を輸出していました(リーマンショック後は輸出比率が低下しています)米国で車を売ると代金は米ドルで支払われます。しかし、日本の従業員などに給料を支払ったり、国内仕入れ時に円で支払わなければならないのでドルを売って円を買う必要があります。このドルを売って円を買う行為は円高の圧力となります。

外国為替とFXまとめ

日本の輸出が増えると円高に進む要因になり、日本の輸入が増えると円安に進む要因になります。これ以外にも中央銀行の貨幣供給量や経常収支なども大きく為替レートの決定にかかわっています。為替レートの決定に関わっているプレイヤーについては「FXの参加プレイヤー」でも記載していますのでそちらをご参照ください。今回の記事がFXスワップ金利投資や両建て裁定取引の参考になりましたら幸いです。