こんにちは投資7です。今回は収益物件で必要な火災保険や施設賠償責任保険について記載していきたいと思います。どちらも不動産投資には必須の保険ですし、価格も安いのでリスクヘッジとして入っておく事をお勧めします。

火災保険

火災保険

不動産投資をする上で入っておきたい保険としてまず上げられるのは火災保険です。火災保険はRCが最も安く次に鉄骨造、木造と続きます。一戸建ても木造等の場合、年間1万円程度〜の火災保険費用がかかります。RCの区分所有等だと1年間千円程度〜と格段に安くなっています。大体の費用としてはRCの2倍が鉄骨、鉄骨の2倍が木造となっています。

火災保険の注意点

火災保険の注意点としては入る火災保険にもよりますが再調達価格満額をかけないと小額の補償が発生した場合も全額補償がおりない点に注意が必要です!!

例えば1500万円の再調達価格の物件に500万円しか保険をかけなかった場合、雪害等で100万円の損害が発生しても33.3万円(100万円×500/1500=33.3万円)の保険しかおりない場合があります。東京海上などの場合は問題なく、保険金が支払われるのですが他の大手保険会社の場合は満額、支払われない事がありました。不動産投資、大家業を行う上で火災保険に入る時は十分に内容を比較してから入るようにしましょう!

施設賠償責任保険

施設賠償責任保険とは民法の工作物責任のリスクをヘッジする保険です。補償額が多い割には保険料が安いので可能ならば入った方がいいです!商品によっては火災保険と同時に入らなければならない物もあるので一括見積もりなどを上手に使い保険会社に相談すると良いでしょう!今回の記事が不動産投資の参考になりましたら幸いです。

私も使っている投資物件の火災保険比較サービス

私が不動産投資で物件を買う時に使っているのが火災保険一括見積もり依頼サイトで最大10社の大手保険会社の保険内容を比較検討することができます!!物件のタイプ(一戸建て、アパート、マンション)や構造(木造、鉄骨造、RC)などによって最適な保険会社が異なりますので、同一サービスで料金を安くしたいと考えているのならば、まずは見積もりしてみることをオススメします!

火災保険まとめ

火災保険は私の所有物件のRC区分所有マンションが5年で6,000円程度、賃貸用木造一戸建てが5年で50,000円程度と安いのでリスクヘッジのためにも入っておいた方がいいでしょう!また、施設賠償責任保険については火災保険と同時申し込みをすると「年間コスト=数百円から千円程度」とリーズナルブな価格で加入できます。