こんにちは今回は米国株や中国株へ投資をする為の英語の勉強について書いていきたいと思います。私自身は基本的に英会話や英作文はあまり出来ませんが、仕事で短い英文メールを作成する必要や海外法人に投資をする必要があるため、意思決定に必要な部分だけ英語の勉強を行っています。今回はリートの不動産ポートフォリオを見る為に必要な英語の単語表を作ってみました!

不動産ポートフォリオを見る為に必要な英単語

英語 日本語 意味やまめ知識
Real Estate Investment Trust 不動産投資信託 簡単に説明すると不動産の収益券を債券化したものです。
Property Portfolio 不動産ポートフォリオ 不動産はREAL ESTATEの場合もあります。
Description of Properties 不動産の説明 Descriptionはものすごいよく使われる単語です。
depreciation 減価償却費 減価償却費は現金が出て行かないですが費用として計上できるもので財務諸表を読むのには必須の単語です。
Occupancy rate 稼働率 不動産の稼働率です。100%に近いほど高稼働率ですが、逆に言うと収益の伸びしろが小さい事も意味しています。稼働率をどう読むかは投資スタンスによって異なります。
rentable area 賃貸可能面積 建物の賃貸可能面積です。
Area of ownership 所有面積 日本の不動産投資信託の場合は不動産を一棟ではなく一棟の不動産の数%〜数十%を保有している事が一般的です。
completion 完成 リートなどではyear of completionで竣工年として使う事が多いです。

 

物件のタイプを説明する英単語

Wholesale shopping center 卸売りショッピングセンター ショッピングセンターは日本語ですね…Wholesaleは卸売りです
Retail shopping center 小売りショッピングセンター そのままの意味です。Retailは小売り、よつ使う単語でretailerは小売り商人です。I’m Japanese retailerなどはフレーズでよく使います。
commercial complex 複合商業施設 commercialは商業のcomplexは複合のという意味です。
Business complex 複合ビジネス施設 ほぼ日本語です。

その他注釈などでよく使われる単語

facility 施設 clubhouse facilitiesと言った形で使われます。物件の詳細などを説明した注釈でよく使われます。
parking space 駐車場 パーキングスペースです。ほとんど日本語ですね…
apartment マンション(アパート) アパートやマンションを意味しますが、日本で言うとRCのマンションの事です。

英語が出来る方に笑われてしまいそうですが、上記の単語だけで中国リートの不動産ポートフォリオを読む事は出来ます。英語のページが無い会社もあるのでその場合は中国語(簡体字、繁体字)を読む必要がありますが、ほとんどの会社で英語の表記がありますので安心です。