こんにちは投資7です。今回は2014年11月の石油関連株と銀行株の記事を中心に一つにまとめさせて頂きたいと思います。関連記事につきましては「高配当中国株で不労所得!?負けないための株式投資戦略」「高配当中国株で稼ぐ!!今後の市場動向分析と予想」をご覧ください。

11月30日:石油暴落!!中国石油株も暴落!いつが買い時!?

先週末WTI含め、石油が暴落しました!OPEC、原油減産見送りが決まった為ですが凄まじい暴落ですね!米国は景気がいいのにエネルギー価格が安いのでなかなか調子がいいです!日本も円安とエネルギー価格の暴落が上手く相殺してくれたためハイテクや自動車関連を中心に好調な相場が続きそうです。ただ、英国や日本、中国などの石油開発関連株は軒並み暴落しました!そんな暴落した石油関連株を見ていきたいと思います。

WTI原油価格チャート:日足

WTI原油価格チャート:月足

 

凄まじい暴落ですね!リーマンショック後まではさすがに落ちないと思いますがギリシャショック時の安値を既に下回っています。米国のロシアへの制裁の噂等もありますが真意は不明です。原油価格が下がればシェールガス(シェールオイル)の生産も抑制されてくる事からそろそろ下げ止まるというのがコンセンサスですが市場は行き過ぎるのでチャート的にはもう少し下に行きそうと考えています。

中国海洋石油

シノックのチャートです。石油価格に連動(相関)する形で下落しています。1000株を12HK$弱で買っていますので数千円の損失が現在出ています。個人的には現在の株価はここ5年での最安値付近ですし配当利回りも5%を超えて来たので買っても問題ないと考えています。月曜日はさらに下落しそうなのでどこかの段階で資金を投入したいと考えています。

中国石油天然気

ペトロチャイナです。こちらもシノックと同じようなチャートです!ただ、シノックに比べると開発の割合が小さく石油価格の下落が+になる事業も保有しているため下落幅はシノックほど大きくありません。こちらも配当利回り4.88%と高くなっておりここ5年での最安値水準ですのでさらに下落するようならば長期用のポジションとして買いたいと考えています。

中国石油化工

シノペックです。こちらは上記の2つの銘柄ほどは下落しませんでした。5年の週足を見る限りでは右肩上がりのチャートのトレンドラインの底辺りですので原油価格が反発もしくは横ばいであれば徐々に株価も上昇すると考えています。

投資戦略まとめ

個人的にはペトロチャイナを月曜日に下落して始まるようならば買ってみたいと考えています。国内株(日本株)ですと国際帝石なども大幅に続落し、PERなどの面で割安となっていますが長期用のポジションとしては配当利回りの高い株を中心にポートフォリオを組みたいと考えています。

11月29日:中国高配当4大銀行株大幅上昇!

中国農業銀行

中国農業銀行もかなり上昇しています。一時は配当利回り7%以上ありましたが現在では6%程度と株価上昇によって配当利回りが減少しています。ただ、予想PERは5.01倍と低水準となっていますので株価が押す場面がありましたら長期のポジションを作っても良いと思います。

重慶農村商業銀行

重慶農村商業銀行です。2000株(8万程度)しか保有していなかったのですが現在為替差益も含め4万円弱の利益が出ています!予想PERは4.67倍と低いため押す場面がありましたらSBI証券などを利用し購入して行きたいと思います。

中国建設銀行

中国建設銀行です。こちらは先日売却してしまったので現在はポジションを保有していません。PERは4.97倍となっており、まだまだ低いです。ただ、配当利回りは6.37%となっており7%超えからは低下したとは言えまだ十分高水準を保っています。

中国商工銀行

中国商工銀行です。こちらは前回の配当権利落日の数ヶ月前から保有しており、為替差益、株高で既に20%程度の利益が乗っています。

中国人民銀行が景気を下支えする目的で2年超ぶりに予想外の利下げを実施したことを受けて、少なくとも中小の銀行8行は22日、1年物の預金金利を上限の3.3%に引き上げました。しかし、投資家が資金を大手行や高利回りの「影の銀行」商品に置いておくトレンドを変えるには至らない可能性が高いというのがコンセンサスで4大銀行などには現在の所、マイナスの影響は乏しいと考えています。

商工銀行の予想PERは5.19倍、配当利回りは6.28%となっております。配当は今後5年程度は年率5〜10%の成長が見込まれる事から仮に年率10%成長した場合、5年後の段階では10%を超える利回りが実現します!!

中国銀行

中国銀行です。4大銀行の中では現在最もポジションを持っている銀行です。こちらは買い増しをしていった関係で17%程度しか利益が出ていませんがそれでも十分良い投資が出来たと考えています。予想PERは5.11倍、配当利回りは6.18%となっております。