こんにちは投資7です。私は現在、行政書士(ビジネス)として外国人の在留資格(ビザ)手続きを行っています。在留資格手続きは出入国管理及び難民認定法を根拠に手続きを行うのですが、実務的には審査要領やガイドライン、判例をベースに書類を作成し、外国人に変わって申請取次者として入国管理局へ書類を提出します。

相続遺言業務に比べると単価は安いのですが永住などを除くと許可までの時間が短く、量をこなす事ができるため専門として行うのならば収益性は悪くないです(まともに業務ができるようになるのには少なくとも300時間程度は勉強が必要です)。今回はビザ(査証)と在留資格の違いについて書いて行きたいと思います。

ビザとは

外国人

ビザとは、外国にある日本大使館領事館(外務省)がその者の所持する旅券をチェックした上で、その者の日本入国に問題が無いと判断した場合にパスポートに押される査証印のことです。
ビザは査証相互免除措置実地国•地域の人は免除されており、以下のような国、地域では査証がなくても日本上陸が可能となります。

査証免除措置国・地域一覧表

アジア
査証免除国・地域 滞在期間
シンガポール 3か月以内
ブルネイ 14日以内
韓国(注1) 90日以内
台湾(注2) 90日以内
香港(注3) 90日以内
マカオ(注3) 90日以内

北米
査証免除国・地域 滞在期間
アメリカ 90日以内
カナダ 3か月以内

南米
査証免除国・地域 滞在期間
アルゼンチン 3か月以内
ウルグアイ 3か月以内
エルサルバドル 3か月以内
グアテマラ 3か月以内
コスタリカ 3か月以内
スリナム 3か月以内
チリ 3か月以内
ドミニカ共和国 3か月以内
バハマ 3か月以内
バルバドス 90日以内
ホンジュラス 3か月以内
メキシコ 6か月以内

査証免除国・地域 滞在期間
オーストラリア 90日以内
ニュージーランド 90日以内

査証免除国・地域 滞在期間
イスラエル 3か月以内
トルコ 3か月以内

査証免除国・地域 滞在期間
アイスランド 3か月以内
アイルランド 6か月以内
アンドラ 90日以内
イタリア 3か月以内
エストニア 90日以内
オーストリア 6か月以内
オランダ 3か月以内
キプロス 3か月以内
ギリシャ 3か月以内
クロアチア 3か月以内
サンマリノ 3か月以内
スイス 6か月以内
スウェーデン 3か月以内
スペイン 3か月以内
スロバキア 90日以内
スロベニア 3か月以内
チェコ 90日以内
デンマーク 3か月以内
ドイツ 6か月以内
ノルウェー 3か月以内
ハンガリー 90日以内
フィンランド 3か月以内
フランス 3か月以内
ブルガリア 90日以内
ベルギー 3か月以内
ポーランド 90日以内
ポルトガル 3か月以内
マケドニア旧ユーゴスラビア 3か月以内
マルタ 3か月以内
モナコ 90日以内
ラトビア 90日以内
リトアニア 90日以内
リヒテンシュタイン 6か月以内
ルクセンブルク 3か月以内
英国 6か月以内

査証免除国・地域 滞在期間
チュニジア 3か月以内
モーリシャス 3か月以内
レソト 3か月以内

在留資格とは

在留資格とは、外国人が日本に在留し活動することが出来る身分又は地位の事で、現在は27種類の在留資格が定められています。

ビザと在留資格まとめ

まだ、一般的な使い方として在留資格をビザと呼んだり、在留期間の更新のことをビザの更新などと呼ぶことがあります。もちろん一般の方がこのように呼ぶのは問題ないのですが行政書士としてクライアントに説明する上では使い分けが必要な言葉だと思います。今回の記事が在留、永住、帰化などの参考になりましたら幸いです。