こんにちは投資7です。事業を継続させていく為には行政書士や法人経営等で稼いだお金はなるべく不労所得の形で発生する資産に組み替えておく事が重要ですよね!!ベーシックインカムを作る事で事業経営が安定化します。ある程度(100万円前後〜)の収入があった月はベーシックインカムを得る為の投資にまわしておく事が事業を継続させるコツだと思います!

アパート経営の資料一括請求

不動産投資を初める方や一戸建て・区分所有マンション投資からアパート経営に展開しようと考えている方におすすめなのが教えて!アパート経営の資料一括請求です。

東証一部上場企業など、安心と信頼の大手優良企業へ一括で資料請求でき、自分にぴったりのアパート経営プランを見つける事ができます。

アパート投資まとめ

アパート投資は一戸建て投資や区分所有マンション投資に比べると投資資金が大きくなるため土地の選定、建築するアパートの選定にかなりの時間をかけます。新築なので売却値は購入する値段に比べ安くなってしまいますが10年以上の長期で運用する事ができるため賃貸経営が安定します。

 労働集約型ビジネスまとめ

接道義務と不動産投資

行政書士を始め弁護士、税理士、社労士、弁理士、不動産鑑定士、司法書士など士業は労働集約型ビジネスなので人を雇ってその方に仕事をすべて振らない限り時間をかけてお金を稼ぐ事しか出来ません。個人でやっている方も多いので自分が怪我や病気になってしまったら収入がストップします。

稼げない資格と言われている行政書士ですら月に100万円〜稼ぐ方がかなりの数(行政書士の10%程度)いますので他の士業ですと相当の数いると思います。稼いでいるときに可能な限りマルチインカム(ベーシックインカム)が入る仕組みづくりをする事が事業を継続する上で大切でしょう!今回の記事が士業ビジネスの参考になりましたら幸いです。