こんにちは投資7です。私は現在、行政書士(ビジネス)として外国人の在留資格(ビザ)手続きを行っています。在留資格手続きは出入国管理及び難民認定法を根拠に手続きを行うのですが、実務的には審査要領やガイドライン、判例をベースに書類を作成し、外国人に変わって申請取次者として入国管理局へ書類を提出します。

相続遺言業務に比べると単価は安いのですが永住などを除くと許可までの時間が短く、量をこなす事ができるため専門として行うのならば収益性は悪くないです(まともに業務ができるようになるのには少なくとも300時間程度は勉強が必要です)。今回は在留資格技能実習(技能実習ビザ)について書いていきたいと思います。

技能実習(技能実習ビザ)は海外生産拠点で雇用した外国人従業員を日本に呼び寄せ、製品加工の実習を行う等、日本の技術の海外移転を目的として創設された在留資格でしたが、今日では労働力の確保を目的として利用される場合が多くなっているのが実情です。

技能実習(技能実習ビザ)とは

外国人

技能実習とは、日本で開発され、培われた技能、技術、知識の発展途上国等への移転をも目的とする「研修、技能実習制度」で外国人技能実習生に与えられる在留資格です。技能実習の分類として以下のような分類があります。

活動内容による分類

技能実習1号

技能実習2号

受入形態による分類

技能実習イ 海外にある合弁企業等、事業上の関係を有する企業の社員等を受け入れて行うもの

技能実習ロ 商工会等の営利を目的としない団体の責任及び管理の下で行うもの

大企業以外はほとんどの場合「技能実習ロ」の形態で招聘をこなっていますが不正等も多いのが実情です。

申請のポイント

技能実習(技能実習ビザ)の申請は、外国人技能実習生の入国から帰国に至るまでの制度全体の理解が必要不可欠です。基本的に本国に帰国する事が前提ですが、技能実習中の婚約等により在留資格を変更できる場合もあります。今回の記事が外国人のビザ・在留資格手続きの参考になりましたら幸いです。