こんにちは投資7です。今回は東京都の一戸建て収益物件について見ていきたいと思います。今回見ていく物件は葛西駅近くの一戸建て物件で土地としての資産価値も高い物件です。関連記事としては「東京都八王子市に不動産投資用一戸建てを購入」をご覧ください。

収益物件の間取り

一戸建て物件

木造の一戸建て物件です。この物件が出ていたのは2013年で現在ではすでに売り切れとなっています。当時は株価上昇は目立ちましたが震災後ということもあり不動産価格自体はそこまで上昇していませんでした。

間取り

間取りは3DK、利便性がかなり良い地域にあるにも関わらず1000万円と少しの金額で買う事が出来ます。しかし、ホームページ上に内装の画像は記載されていなかったので、内装自体はあまり綺麗ではないのかもしれません!立地は東京メトロ東西線「葛西」歩10分です。葛西の時刻表は以下のようになっており十分な電車の本数がありますし徒歩10分と言う事で十分徒歩圏内ですね!

交通

中野方面

時刻表

西船橋方面

投資物件の時刻表

ラッシュ時は数分に1本あります十分すぎる本数です。一戸建てのため、学生からファミリー層までかなり広い幅をターゲットに出来ます。ただ、駐車場の無い物件ですので車移動をメインにする人に訴求するのは難しいでしょう!ターゲットは広いですが、確実にターゲットにならない層は除外して不動産の客付け、リフォームをした方が良いと思います。

路線価

固定資産税路線価

固定資産税路線価は上記のように約18万円となっており、㎡あたりの土地値概算は18万円/0.7=25.7万円程度と導く事ができます。

用途地域など

用途地域

物件詳細は上記のようになっており土地の価格を固定資産税路線価から導き出すと、土地の価格は27.5万円×55㎡=1500万円程度となります。

土地の権利は所有権で、用途地域は1種住居ですので用途は幅広いです!良い用途地域ですね!建物面積は土地と同様に約55平米となってますがこれはミス記載かもしれません。建ぺい率、容積率は60%、200%なので通常なら高い建物を建てることができますが、見た限り建ぺい率オーバー+前面道路の容積率制限が適用になる物件の可能性が高いです。

不動産会社による価格査定として、建物については建築年数が1976年と言う事で−100〜200万円(解体費)と評価されているようです。リフォーム・リノベーションをしていて内装が比較的綺麗で今後も使えるようならば、初期費用も安く済みますし、キャピタルロス(売却損)が出にくく負けにくい投資対象だと思います。

江戸川区の物件は地盤が弱いからかもしれませんが、比較的安く売りに出ている印象を受けます(2013年現在)。ただ、地域としての力はかなりありますので投資をしても負ける可能性は低いでしょう!今回の記事が一戸建て不動産投資の参考になりましたら幸いです。

私も使っている投資物件の火災保険比較サービス

私が不動産投資で物件を買う時に使っているのが火災保険一括見積もり依頼サイトで最大10社の大手保険会社の保険内容を比較検討することができます!!物件のタイプ(一戸建て、アパート、マンション)や構造(木造、鉄骨造、RC)などによって最適な保険会社が異なりますので、同一サービスで料金を安くしたいと考えているのならば、まずは見積もりしてみることをオススメします!

火災保険まとめ

火災保険は私の所有物件のRC区分所有マンションが5年で6,000円程度、賃貸用木造一戸建てが5年で50,000円程度と安いのでリスクヘッジのためにも入っておいた方がいいでしょう!また、施設賠償責任保険については火災保険と同時申し込みをすると「年間コスト=数百円から千円程度」とリーズナルブな価格で加入できます。