ネットショップを経営する上で仕入れは最も重要となります。ネットショップで売られている商品は大きく分類すると「仕入れ商品(他社ブランド商品)」と「オリジナルブランド商品」に分けられ更に「仕入れ商品」についても「新品」と「中古品」に分けられます。

こちらの記事でも書いていますが経営において仕入れはもっとも重要です。不動産投資の場合も物件購入をどのように行うかでトータルでの利回り(IRR)が大きく異なります。ネットショップ経営ではGMROI(Gross Margin Return On Investory Investment)と言う指標がありますがこれは商品投下資本の効率性を測定する指標で商品投下資本粗利益率とも言います。

GMROIは株式投資のROIと同様の考え方で、この指標を上げるためには粗利益率と回転率を上がる必要があり、そのためには売りやすく粗利が出る商材をピンポイントで仕入れる事が重要です!

ネットショップの仕入れについて

仕入れ

仕入れ先はメーカーや卸問屋、卸販売をしているネットショップ等があり、仕入れ先と交渉して定価より安く卸してもらう必要があります。ネットショップ経営の実務では「仕入先の選定・仕入れ商品の選定」がもっとも重要で、これさえ上手くできれば、あとはヤフオクなどの適当なプラットフォームを使って商品を売っても簡単に利益を出す事ができます。

あまり実務的ではないかもしれませんが、仕入れプラットフォームについては下記のような種類があります。

町の卸問屋

町の卸問屋から仕入れる方法です。かっぱ橋の道具街などが該当します。立ち上げたばかりの個人事業主の場合は参入できない事が多いですがある程度の規模の法人等になると取引に応じてくれます。地方の問屋では一部商材で大手ネットショップや量販店より購入するより値段が高い所もあり、卸市場が機能していない事もあります。

ネット上の卸問屋

最近人気なのがネット上の卸問屋です。ネット上を探せば様々な問屋が出てくると思います。ただ、これらのネット上の問屋を使っているショップは多く、差別化という観点からいくとあまり大きな差別化が図れません(ストアブランドで差別化する以外の方法がありません)。すべての商品をネット問屋に依存し生き残れる程、最近のネットショップ業界は甘くないのが現状です。

海外からの直輸入

円高局面で流行った手法です。現在の円安局面では利益率が出にくいのが現状です。しかし、ネット上の卸問屋などに比べると珍しいものが手に入り他店との差別化が図れます。海外からの仕入れの場合も交渉力が鍵を握ります。

見本市 展示会

見本市や展示会に参加し、取引先を探す方法もあります。以前は大規模な小売店しか交渉が出来ませんでしたが現在では小さなショップでも受け入れてもらえる事が多くなっています。

古物市場

古物商許可証があれば古物市場に出入りする事が出来ます。地方の古物市場の場合、ネットに出せば高価格で取引されるお宝品が眠っている可能性もありオススメできます。この方法で利益を出すのにはその場で価値の見極めをする必要があるため、商材に関する専門知識を磨く事が大切です。

個人からの買取

一般的に最も利益率が高い仕入れ先です。大手が多く参入していますが専門に特化する事で個人からの買取を行う事も可能です。商材に関するかなり専門的な知識が必要となります。

ネットショップの仕入れまとめ

ネットショップを運営して行く上で必要な仕入れ先には一般的に上記のようなものがあります。これ以外にもニッチな仕入れ先というものがあり、成功しているショップはこの仕入れに一番力を注いでいます。他店ではまねしにくい仕入れ先や仕入れルートを確保し、適切な値段交渉を絶えず行って行く事がネットショップ事業成功の為には必要です!今回の記事がネットショップ経営やビジネスの参考になりましたら幸いです。