投資・ビジネスの基礎

2019年10月の収益用webサイトのアクセス数推移と今後のアフィリエイト戦略

こんにちは波平の株式投資ブログです。今回は収益用webサイトのアクセス数の推移(1年前との比較)と今後のアフィリエイト戦略について記載していきたいと思います。

波平はここ10年くらいでメインのIT系ビジネスが何度か変わっています。約10〜4年前はネットショップを含めたEC事業がメインで1人ビジネスでしたが最高月商は500万円くらいでした。

その後、EC事業が難しくなってきたのでweb運営のアフィリエイト事業を行なってきましたが現在、外部環境がかなり難しくなっており新たなIT系ビジネスをどのように展開しようか悩んでいます。

メインサイト1(買取系)のセッション数の推移

メインサイト(買取系)のセッション数

画像はメインのwebサイトのセッション数の推移です。2018年12月頃までは右肩上がりに推移していましたが、その後は横ばい、最近は1年前のセッション数よりも少なくなっています。

PVはあまり意識していない

波平はPV(ページビュー)はあまり意識しておらず、UU(ユニークユーザー数)やセッション数の推移を意識しています。上記サイトの記事数は1年前の2倍あるのですがUUやPVで見ても1年前以下となっており厳しい環境が続いています。

メインサイト2(買取系)のセッション数の推移

メインサイト(買取系2)のセッション数

こちらもはメインサイトその2のセッション数(アクセス数)推移です。こちらはメインサイト1と異なり横ばいを維持する事ができています。

記事数(コンテンツ数)はこちらも増えているのですが、アクセス自体は伸びていません。今後、メインサイト1とメインサイト2の記事投入ペースは月に1回〜数回程度を予定しています(時間対効果が悪いので)。

メインサイト3(不動産系)のセッション数の推移

メインサイト3(不動産系)のセッション数

このサイトはアクセス数自体は少なかったのですが、CVR(コンバージョン率)が高かったのでそれなりに成果が発生していました。最近はCVRの良いキーワードの順位が変動するとともに全体のアクセス数(セッション数)が減ってしまいました。

このサイトも記事数は1年前に比べると2倍程度あるのですが、9月の検索アルゴリズム変更でアクセスがガクッと減っています。

メインサイト4(資格系)のセッション数の推移

資格系サイト

このサイトは士業の資格取得のためのサイトです。2018年の夏から作り始めました。

セッション数は100以下/dayですがこちらもCVRが良かったのである程度の収益になっていたのですが、広告主の方針変更やCVRの良いキーワードが取れなくなったりと外部環境の変化が影響し、最近の収益はあまり高くありません。

ただ、現時点では1年前に比べセッション数が安定しているのでテコ入れをすればアクセスが伸びるかもしれません。

メインサイト5(買取系)のセッション数の推移

サイトのアクセス数の推移

こちらは2018年の春頃から作り始めたサイトです。2018年の12月頃までは順調にアクセスが増えていったのですが、その後は下落に転じ、最近は1年前のアクセス数よりも少なくなっています。

このサイトはメインサイトにするつもりでかなり力を入れたサイトだったので労働投入量に対してのリターンは全く満足いく結果とはなりませんでした。

今までの方法と異なる方法でテコ入れをすれば再度アクセス増に転じるかもしれませんが、今の所、具体的な対策は見えていません。

今後のアフィリエイト戦略

上記以外にもアフィリエイトサイトが何個かあります。また、ECサイトも何個か持っています。

ただ、EC(ネットショップ)は発送がメンドくさいのとコモディティ商材を取り扱うと価格競争になってメンドくさいんのでユニークな戦略が見つかるまでは片手間(年商500万円以下)の規模で運営していくと思います。

メモ

  • 顔出しブランディングでインフルエンサー(やらない予定)
  • PPCアフィリエイトで広告費との差額を取っていく(やる予定)
  • 今までと異なる切り口でwebサイトを構築する(検討中)

波平なりにアフィリエイトの今後を考えた場合、上記のような方法があると思います。インフルエンサーはイケダハヤトさんが有名(?)だとおもいます。

ただ、インフルエンサーは運の要素が大きいのと、本人に(教祖のような)適性が無いと難しいので波平にはあまり向いていないように感じています。

PPCはgoogle広告とアフィリエイト収入(主にASP)との差額を得るビジネスで、数値化したデータから分析を行うので好きなジャンルです。

波平は約1年前にPPCアフィリエイトのテスト運営した事がありその時のデータは「確定報酬:293,500円」「広告費:103,899円」「利益率:65%」でした。

メンテナンスがメンドくさいのと、後半に利益率がかなり落ち、赤字になってしまったので一時的に辞めていましたが、数字をしっかり分析すれば確実に黒字化はできるので、今回はレバレッジをかけて行なっていく予定です。

最後の今までの切り口と違う方法は抽象的で具体的には様々な方法があります。例えば、アフィリエイトではなく、純広告のwebプラットフォームを作成するのも一つの手でしょう。

また、アフィリエイターはweb集客のプロなので顧客と顧問契約を結び実質的な純広告である管理料をもらうのもアリでしょう。

アフィリエイトと比べるとメンドくさいのであまり行なって来なかったのですが、アナログが少し加わるビジネスならばいくらでも稼げるフィールドは残っているように感じます。今回の記事がアフィリエイトビジネスの参考になりましたら幸いです。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
波平(なみへい)

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代前半のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

-投資・ビジネスの基礎

Copyright© 波平の株式投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.