こんにちはバフェット次郎の株式投資です。今回は豪ドル/円のロングポジションから得ることが出来るスワップ金利で不労所得生活するためのシュミレーションについて書いていきたいと思います。

豪ドルとは

FX

豪ドル(オーストラリアドル)はオーストラリアで使われている通貨です。南アフリカランドやトルコリア同様高金利通貨として有名です。資源国であり、かつ中国への輸出がGDPに占める割合が大きいため中国の経済状況の強弱によって為替レートが大きく動きます。現在、政策金利は2.5%と以前に比べれば低いですが日本よりは高く為替で豪ドル買い円売りのポジション(豪ドル/円ロング)を作ればスワップ金利を獲得できます。

2017年4月現在の政策金利

オーストラリアの政策金利

2017年現在のオーストラリアの政策金利は下記のように下落しています。そのため日本円との金利差は1.5%程度しかなく金利差を狙ったスワップ金利投資は成り立ちにくいです。そのため南アフリカランドなどの高金利通貨を使った方が投資として勝ちやすいと思います。

豪ドルのスワップ金利

豪ドルは2014年12月現在、ヒロセ通商(ライオンFX)やJFXなどのFX会社で高スワップ金利となっています。2014年当時は1日に1万通貨単位当たり85円のスワップ金利を獲得できたのでスワップポイント(スワップ金利)によるインカムゲインと共にキャピタルゲインを得ることができましたが2017年現在ではスワップ金利が落ちてきているので投資としての旨みはなくなってきています。

前提条件

前提条件は”南アフリカランドで不労所得生活“と同様に1ヶ月に必要なお金を20万円と過程します。

為替レート:豪ドル/円=101

1万通貨(101万円)あたりの1ヶ月のスワップ金利=2550円

レバレッジ3倍でシュミレーション

レバレッジ3倍の場合20万円のスワップ金利を作るには以下のポジションを作らなければなりません。

200000/2550=約79万通貨

101×79=7979万円

7979/3=約2659万円

よってレバレッジ3倍で豪ドル/円のポジションを保有した場合、約2659万円の資金で運用を行えば不労所得として毎月20万円を獲得できます。

この場合の投資利回りは年利約9.03%となっておりやはり高金利通貨である、トルコリラや南アフリカランドに比べると低くなってしまいますがそれでも年9%を超える利回りが出ますので十分高利回りです。

レバレッジ5倍でシュミレーション

レバレッジ5倍の場合以下のようになります。

7979/5=約1596万円

よってレバレッジ5倍で運用した場合、1596万円の資金で運用を行えば不労所得として毎月20万円を獲得できます。この場合の投資利回りは年利15.04%となり、15%を超える利回りが実現します。

豪ドル/円のスワップ金利投資で不労所得生活まとめ

今回のシュミレーションではあくまで為替変動が無かったという前提での利回りです。実際には為替の変動がありますので数値は異なります。両建てのポジションではないので円高によって利回りは急激に悪化するため、ポジションを作るタイミングが重要になります。チャートの勉強についてはこちらで少しずつ書いています。