投資7では15歳から20年近く投資やビジネスをしてきた吉蔵が不動産投資、株式投資、FXスワップ金利投資、ビジネス投資について解説しています!!現在は会社経営、士業(法務事務所経営)なども行っていますが最終的には不動産投資による家賃収入と株の配当金だけで月に100万円の収入を得て旅行をしながら不労所得生活をするのが目標です!!

投資7のおすすめ記事

不動産投資の記事

株式投資の記事

FX外貨投資の記事

ビジネス投資の記事

  • チェックリストの項目が入ります。
  • チェックリストの項目が入ります。

私の行っている7つの投資法

投資法
株や不動産の投資スタンスは中長期投資で不動産は基本的に5年以上、株の場合でもビジネスモデルの良いグロース株は可能な限り5年以上保有しキャピタルゲイン税を発生させず、税金部分を複利で運用できるよう工夫しています。

一戸建て不動産投資

一戸建て不動産投資とはその名の通り一戸建ての不動産へ投資する手法です。一戸建ての投資の場合、出口(売却時)のキャピタルロスが少ない点が挙げられます。投資物件によってはIRR20%以上になる投資を行うこともできます。

区分所有マンション投資

区分所有マンション投資とはマンション、アパート一等ではなく区分所有マンションへ投資する投資法です。区分所有マンションは地方の場合、1LDKや2DKでも数百万円で購入する事ができるのでリスクが低いです。特にエレバーターのついていないシンプルな構造の物件では管理費・修繕積立金が低く、NOI利回り(FCR)が高い特徴があります。

新築アパート投資

物件数は少ないのですが新築のアパートにも投資しています。アパート投資は一戸建て投資や区分所有マンション投資に比べると投資資金が大きくなるため土地の選定、建築するアパートの選定にかなりの時間をかけます。新築なので売却値は購入する値段に比べ安くなってしまいますが10年以上の長期で運用する事ができるため賃貸経営が安定します。

高配当株式投資

高配当の日本株、中国株、米国株、リートなどへ投資する手法です。実際に投資する場合は、PERやPBRはもちろん利益成長率、ビジネスモデル、ROEなどを重視し数年から数十年持つ事ができる優良株へ投資するようにしています。株式投資の基本スタンスは長期投資ですがスポット的に大きなショックがあったときに短期から中期で差益(キャピタルゲイン)を狙った投資を行います。

FXの裁定取引

FXの両建て裁定取引(アービトラージ)とはFX業者間におけるスワップ金利差を使った裁定取引です。年率にすると3~10%稼ぐ事ができポジションの調整を上手くすれば10%以上の利回りを出すことも出来ます!!この両建て裁定取引の素晴らし点は理論上、為替リスクゼロでスワップ金利の差額を稼ぐことが出来ます。

FXスワップ金利投資

FXのスワップ金利を得る目的で外貨に投資する手法です。基本的には高金利通貨を低レバレッジで購入していきます。表面的な金利差以外に実質金利差(インフレ率を加味した金利差)も重視しポジションを作ります。ポジションを作った後は逆指値をこまめに調整し、大きなキャピタルロスが出ないよう工夫しています。

ビジネス投資

ビジネス投資としては所有法人(会社)で複数のネットショップ経営をしています。また個人では行政書士事務所を経営しています。投資とは言い難い労働集約的な士業なども行いますが、全体の投資ポートフォリオへキャッシュを送金する目的で行っています。ネットショップや士業事務所はデジタルコンテンツの物販などを行わない限り労働集約的なビジネスなので収益を上げるためには人を雇うか単価を上げるかの2択しかありません。