こんにちは今回はFXで知っておきたいスワップ金利・スワップポイントについて解説していきたいと思います。

スワップ金利・スワップポイント

株式投資

スワップ金利とは買い通貨の金利と売り通貨の金利の差額の事です。例えばドル/円の会ポジションを持った場合は買いポジションであるドルの金利と売りポジションである円の金利の差額分だけスワップ金利を獲得する事ができます。

オーストラリアドル/円や南アフリカランド/円などの高金利通貨を買って低金利通貨を売るポジションを持つと多くのスワップ金利を得る事ができます。このポジションは別の見方をすると豪ドル/円の場合、オーストラリアドルを買う為に円でお金を借りていると見る事ができ、南アフリカランド/円の場合南アフリカランドを買う為に円でお金を借りていると見る事もできます(初めての方にはちょっと難しいかもしれませんね…)。

先生(左)

オーストラリアドル/円や南アフリカランド/円などは現在1万通貨あたり一日83円、18円など高額なスワップ金利を獲得する事ができ、僅か1万通貨保有しているだけで豪ドル/円では2590円、南アフリカランド/円では540円得る事ができます。

FXのスワップ金利とレバレッジ

FXのスワップ金利はレバレッジをかける事で年利換算すると10%以上の利回りとなります。ただし、為替が円高になった場合はキャピタルロス(差損)が発生してしまいます。利回り5%と言うことは5%のキャピタルロスまで耐える事ができるが5%以上のキャピタルロスが発生した場合は損失となってしまいます。

そのため、スワップ狙いのポジションを作る時はインカムゲインとともにキャピタルゲインを得る事ができるポジションをタイミングよく作る事が重要です。なお、日本の金利が今後上昇する事があった場合、現在のスワップ金利は逆転する可能性があります!まだまだ、日本の出口戦略は先かもしれませんが欧州よりは早いかもしれないのでユーロ/円などのポジションを持っている場合は注意が必要です。