ベーシックインカム

こんにちは今回は山田太郎の2018年12月のベーシックインカム(労働投入しなくても収益が発生するストック型ビジネス)と投資した株について紹介していきたいと思います。山田太郎は株式投資をする場合、毎月のベーシックインカムから生活費を除いた金額を投資しています。

ベーシックインカムには不動産賃貸業とB事業の収入が含まれ、ベーシックインカム以外の労働収入(A事業:行政書士・コンサルティング収入・ネットショップ収入)は税金の支払いと不動産を買うために貯蓄しています。

山田太郎(左)

山田太郎は金持ち父さんシリーズも結構好きで様々な事業を行なっています。A事業は労働投入量と収益が比例するフロー型ビジネスで初期の頃はA事業メインで稼ぎました。最近は毎月安定したストック型収益をもたらしてくれる、不動産賃貸業とB事業に割り振る時間が多くなっておりA事業は積極的に行なっていません。

不動産の家賃収入

2018年12月の家賃収入は412,379円でした。所有物件の一つで修繕が発生して管理会社に1万円程度支払ったのでキャッシュフローが若干減りました。所有物件は下記の通りです。

物件名 状態 NOI(実質)利回り
物件1号(区分) 売却済 16%
物件2号(区分) 売却済 17%
物件3号(区分) 売却済 14%
物件4号(一戸建) 稼働中 16%
物件5号(一戸建) 稼働中 20%
物件6号(区分) 売却済 12%
物件7号(一戸建) 稼働中 14%
物件8号(一戸建) 稼働中 31%
物件9号(アパート) 稼働中 26%
物件10号(一戸建) 自宅利用
物件11号(一戸建) リフォーム中

ベーシックインカム合計

2018年12月のベーシックインカムは下記の通りです。不動産と事業からのベーシックインカム以外に細かいベーシックインカムがありますが金額が小さいので掲載していません。

年月日 不動産 B事業 合計
2018年10月 ¥432,379 ¥347,894 ¥783,110
2018年11月 ¥432,379 ¥427,096 ¥862,945
2018年12月 ¥412,379 ¥371,221 ¥787,070

山田太郎が投資した株

山田太郎の2018年11月のベーシックインカムは¥862,945だったのでココから生活費(約30万円)を除いた約56万円を予算として株へ投資を行いました。投資した株と投資金額は下記の通りで、余ったお金は次回の株式投資か不動産投資に使います(実際にはエクセルで管理しているので繰越し額などはすぐに把握できます)。

銘柄 取得株数 合計金額
ヤフー 300株 80700円
楽天 400株 315,900円

株式投資まとめ

今月(2019年1月)は12月のベーシックインカムが¥787,070だったので49万円前後の投資を行う予定です。私が投資する会社は基本的に強固な競争優位性を持つとともに割安な会社なので知名度の低い会社(ブランド力のない会社)には投資しません。

また、中長期(数年から数十年)で投資をするのでIT系の一発屋(偶然ビジネスが当たった会社)で、景気の荒波や代替品の脅威を経験したことのないメルカリなどの会社には投資しません。今回の記事が株式投資の参考になりましたら幸いです。