こんにちは今回は保有株の一つで中国高配当銘柄の一つでもある、重慶農村商業銀行について書いていきたいと思います。関連記事としては「中国高配当銘柄 中国建設銀行へ株式投資」「中国高配当銘柄 中国工商銀行へ株式投資」などをご覧ください。

2017年5月の最新情報

投資

重慶農村商業銀行についても他の銀行株同様に2016年1月を底に株価は回復傾向にあります。現在の配当利回りは4.36%、予想PER5.19倍、PBR0.84倍となっており、PERやPBRで分析した限りでは割安感があります。直近の業績については下記の通りで個人的には2016年12月期の営業キャッシュフローが少ない理由が気になります。投資を行う場合、CF計算書を分析する必要がありそうです。

キャッシュフロー計算書

2012/12 2013/12 2014/12 2015/12 2016/12
営業CF 21,801 6,291 49,293 85,942 6,086
投資CF -11,382 2,065 -30,089 -85,133 -40,278
財務CF -1,290 -1,402 1,595 27,241 20,446
現金同等物 27,353 34,280 55,083 83,210 69,664

重慶農村商業銀行とは

(画像引用元:マネックス証券)

重慶農村商業銀行は中国で最大の人口を有する直轄市(省・道といった最上位の広域行政区画に属さず、それらと同格に位置づけられる行政区画で、中央政府の管轄を直接受ける市のこと)の重慶に約1770カ所の営業拠点を持つ重慶最大の銀行です。重慶以外にも四川、雲南など周辺地域に進出し、預金残高は3500億元、貸し出し残高は2000億元に上ります。

理財商品の販売額が総額964億元と前年同期比で大幅に増加し、13年末の時点で残高289億元となっています。そのためシャドーバンキングの問題が表面化した時期に大きく売られました。

現在2014年12月の予定純利益が63億元となっていますので約4.5倍の理財商品の販売がある計算になります。シャドーバンキングの規模は100兆円〜300兆円程度とも、サブプライムローンと同程度の規模とも言われていますが、レバレッジなどを考えるとサブプライムローンよりは大きな問題にならないと考えています。

重慶農村商業銀行の予想PERは4.58倍、PBRは0.84倍、ROEは17.58%、配当利回りは5.87%となっています。