こんにちはバフェット次郎の株式投資です。今回は株式投資やFX外貨投資で使える投資のタイミングについて書いていきたいと思います。FXや株式投資ではクライマックス的な動きにより大きくトレンドが転換する事があります。

チャート上の下ひげは急落→急反発の動きを示すものであり、下落が続いた後に下ヒゲが出現すると、クライマックスの動きから反転の動きに入るシグナルと見る事が出来ます。なお、ローソク足については「ローソク足ってなんだろう?」をご覧ください。

使いやすいローソク足とコツ

トレード

安値圏での下ヒゲは重要なチャートパターンですが更に出来高が伴うと反転シグナルとしての信頼感が高いです。

出来高急増を伴う下ヒゲというのは投げ売りが多数出たものの、それを吸収して買い上がるエネルギーが出始めたという動きを意味します。以上の事から、下落が続いた後に、出来高急増を伴う下ヒゲが出現する形になったらそれを買いシグナルと考えるとよいでしょう!

使うローソク足としては雇用統計等大きなイベントがある時ならば1時間足等を使ってもよいですが、基本長期のスワップ金利ポジションや株式投資ならば短くても日足が最適でしょう!

ポジション撤退のポイント

下ヒゲ+出来高急増でスワップ金利や株式のポジションを作った後の撤退のポイントとしては下ヒゲを割ってしまった価格帯で逆指値を入れておくとよいでしょう!利食いとしては中長期的にスワップ金利を得る方がお得なため、移動平均線などを参考に少し離れた所に逆指値を指しておく上手くいく事が多いです。

先生(左)

私が株式投資を行う場合は基本的にファンダメンタルを重視しているのでチャートで撤退ポイントを決め手はいません。反対にFXでスワップ金利用のポジションを作った場合はファンダメンタル分析よりもテクニカル分析の方が当たるのでテクニカルを重視して撤退ライン(利益確定or損切り)を決めます