波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

FXの基礎

FXのスワップ金利・スワップポイント

2015年7月10日

こんにちは今回はFXで知っておきたいスワップ金利・スワップポイントについて解説していきたいと思います。

スワップ金利・スワップポイント

株式投資

スワップ金利とは買い通貨の金利と売り通貨の金利の差額の事です。例えばドル/円の会ポジションを持った場合は買いポジションであるドルの金利と売りポジションである円の金利の差額分だけスワップ金利を獲得する事ができます。

オーストラリアドル/円や南アフリカランド/円などの高金利通貨を買って低金利通貨を売るポジションを持つと多くのスワップ金利を得る事ができます。このポジションは別の見方をすると豪ドル/円の場合、オーストラリアドルを買う為に円でお金を借りていると見る事ができ、南アフリカランド/円の場合南アフリカランドを買う為に円でお金を借りていると見る事もできます(初めての方にはちょっと難しいかもしれませんね...)。

波平
オーストラリアドル/円や南アフリカランド/円などは現在1万通貨あたり一日83円、18円など高額なスワップ金利を獲得する事ができ、僅か1万通貨保有しているだけで豪ドル/円では2590円、南アフリカランド/円では540円得る事ができます。

FXのスワップ金利とレバレッジ

FXのスワップ金利はレバレッジをかける事で年利換算すると10%以上の利回りとなります。ただし、為替が円高になった場合はキャピタルロス(差損)が発生してしまいます。利回り5%と言うことは5%のキャピタルロスまで耐える事ができるが5%以上のキャピタルロスが発生した場合は損失となってしまいます。

そのため、スワップ狙いのポジションを作る時はインカムゲインとともにキャピタルゲインを得る事ができるポジションをタイミングよく作る事が重要です。なお、日本の金利が今後上昇する事があった場合、現在のスワップ金利は逆転する可能性があります!まだまだ、日本の出口戦略は先かもしれませんが欧州よりは早いかもしれないのでユーロ/円などのポジションを持っている場合は注意が必要です。

波平がよく利用している証券会社

SBIネオモバイル証券

【SBIネオモバイル証券】は最近利用している証券会社です。1株単位で投資を行うことができるため、投資単価の高い医療関連株や鉄道関連株などのポートフォリオを作る時や打診買いに利用しています。実質的な手数料はほぼ0円なので分散長期投資をする方にはお勧めできます。

松井証券

松井証券は昔から利用している証券会社です。少し前までは手数料無料の証券会社が殆ど無く、唯一、松井証券だけが10万円までの取引が無料だったので少額取引でよく利用していました。最近は50万円まで手数料0円となり上場企業の殆どの株を手数料0円で購入できます。

マネックス証券

マネックス証券も昔から利用している証券会社です。マーケットボードと銘柄分析スカウターが非常に使いやすく重宝しています。特に銘柄分析スカウターでは個別企業の10年以上の業績推移を一瞬で見る事ができるため、優良割安株を見つけるのに便利です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
波平(なみへい)

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

-FXの基礎

Copyright© 波平の株式投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.