こんにちは投資7です。今回は円安や円高が日本経済に与える影響からFX投資の考察を行って行きたいと思います。関連記事として円安・円高については「円高・円安とFX」、外国為替市場については「外国為替とFX」をご覧ください。

円高や円安の経済への影響

為替取引

FXを行う上でも円高、円安の経済への影響を知っておく事は重要です。日本の場合、円高によって輸出企業の利益や国際競争力が下がります。しかし、一方で輸入企業にとっては海外の製品を安く仕入れる事ができるようになり、利益率が改善します。まとめると下記のようになります。

先生(左)

円高になると日本の輸出企業は損をして輸入企業は得をする。円安になると日本の輸出企業は得をして日本の輸入企業は損をする

円安・円高と物価

そして円安になると海外のものを高く買ってこなければ行けない事から一般的には物価が上昇し、円高になると逆に物価が下落します。2015年現在ではアベノミクスによって円安物価高政策が行われており、徐々に物価が上昇して来ています。

今後の為替動向としては円安によって貿易収支、経常収支が改善して来ています。経常収支の黒字は一般的に円高圧力、経常収支の赤字は円安圧力である事から実需上は円高圧力が少しずつ増してくる可能性があります。今回の記事がFXスワップ金利投資の参考になりましたら幸いです。