1. ホーム
  2. 投資用不動産の購入
  3. 登記関連
  4. ≫不動産登記と不動産投資

不動産登記と不動産投資

こんにちは今回は不動産登記と不動産投資について記事をまとめて行きたいと思います。不動産登記は不動産投資をする上で、必須の知識ではありませんがボロ物件投資など数百万円の物件を数多く買うような投資法の場合、不動産登記が出来ればそれだけで50〜100万円近くの費用を節約できます。

不動産登記と不動産投資

不動産登記と不動産投資の記事一覧
  • 住所、氏名の変更登記は一般的に投資用物件の売却時に必要となります。登記簿(登記事項証明書)上の住所と現在の住所が異なる場合、まず、住所変更登記をした後、所有権移転登記を行う必要があります。

  • 登記申請の基本原則は不動産ごとに登記申請書を作成する事です。しかし、不動産によってはまとめて申請を行う事ができます。自分で不動産登記を行う場合も知識として持っていた方が良いですが司法書士を使う場合も知っておいた方が良いです。

  • 不動産を売買で購入した時は権利部の登記を行う必要があります。司法書士などにお願いする事もできますが可能な限り初期コストを抑えたい時は自分で行う事をオススメします。

  • 今回は共有持分の移転登記について書いて行きたいと思います。共有持分の移転登記が最も行われるのは一戸建ての売買で共有の土地(私道)がある場合です。

  • 所有権移転登記は一戸建ての不動産売買等の場合に必要となる登記申請です。土地と建物どちらも同一人物が所有している場合は登記申請書1枚で申請を行う事ができその場合、司法書士手数料も4万円〜5万円程度で行ってくれる場合が多いです

  • 投資用一戸建てを購入する場合、土地が旦那様所有、建物が奥様と旦那様の共有になっている不動産が多く見られます。

  • 今回は自分でできる登記申請について書いて行きたいと思います。不動産投資をする上で可能な限り登記費用は節約したいですよね!

  • 不動産登記は、対象となる不動産の所在及び地番や面積、権利関係等に関して登記簿に公示することで、一般に閲覧できる状態となっています。

  • 登記済証とは、不動産の所有権保存や移転に基づく登記申請等を行った際、その登記が完了した時に登記所が申請書に添付された原因証書または申請書副本に、登記申請の受付年月日、受付番号、登記済みの旨などを記載し、登記済印を押印して登記権利者へ交付される書面のことです。

築古投資にも役立つ資料請求

すでに不動産投資をしている方やこれから不動産投資を始める方にオススメなのが利用者数400万人以上を誇るスマイスター土地活用無料一括請求です。新築一戸建賃貸・高齢者住宅・駐車場経営・アパート建設・マンション建設など様々な投資プランを比較検討する事ができます!新築物件投資はもちろん中古のボロ物件投資にも活用できる情報が満載です!