1. ホーム
  2. 投資用不動産の購入
  3. 投資用不動産の種類
  4. ≫投資用不動産の立地戦略とメリット・デメリット

投資用不動産の立地戦略とメリット・デメリット

こんにちは「はじめての不動産投資」です!今回は投資用不動産のメリット・デメリットと立地戦略をまとめさせて頂きました!!

不動産投資は一戸建てやアパート一棟、区分所有マンション、駐車場、太陽光発電など様々な投資法がありますがそれぞれメリット・デメリットがあります。また、それぞれについて最適な立地戦略があり立地を間違えると不動産投資は失敗する可能性が高くなるので注意が必要です。

投資用不動産とメリット・デメリットの記事

メリット・デメリットの記事
  • マンション投資

    マンションの区分所有に投資する方法です。メリットとしては単価が数は百万円〜と安く現金購入ができ、大きな損をするリスクが小さい点です。デメリットとしては大きな規模にするには何度も契約をしなければならず大変である事、区分所有マンションの場合、管理費や修繕積立金が多くかかり、実質利回りが低下する点、一戸建てに比べると売却時のキャピタルロスが発生しやすい点などが上げられます。

  • 一戸建て投資

    アパート一棟やマンション一棟等への投資ではなく木造等の一戸建てに投資する方法です。一戸建て投資はここ10年くらいの間に手がける方が多くなった投資法です。以前からあったマンション一棟、アパート一棟投資とマンション区分所有投資のちょうど中間に位置する投資方法と言えるでしょう!

  • アパート一棟投資のメリット デメリット

    マンション、アパート一棟投資とはマンションやアパート一棟丸ごと購入する方法です。古くから行われている投資方法で、地主の方やお金持ちの方が相続税対策なども目的に行っていた投資方法です。

  • 地方投資と都心投資

    地方物件と都心物件、一般的には地方物件の方が利回りが高く、都心の物件の方が利回りが低いです。それ以外に様々なメリット、デメリットがあります。

投資用不動産の立地戦略の記事

「投資用不動産の立地戦略」ではメリット・デメリットを踏まえどのような立地に不動産を購入するかについて詳しく書いています。

一戸建ての場合、一般的には駐車場がある方が決まりやすいですが都心の場合は駐車場無しの一戸建てでも十分投資として成り立ちます。ただ、都心への投資だとしてもリフォーム等を考えると駐車場が合った方がリフォームを行いやすいです。

投資用不動産の立地戦略
  • 一戸建て不動産の立地戦略

    一戸建て不動産投資は比較的最近になって流行りだした投資方法で以前はメジャーな投資法ではありませんでした!区分所有マンション投資と一棟アパート投資との丁度中間に位置するような投資法ですが賃貸市場での一戸建て物件の少なさから商品としての競争力は最もあります。地方の場合だと200万円程度〜の資金で投資でき出口戦略も多岐にわたり投資としては負けにくいです。

  • 区分所有マンション投資と立地戦略

    小額資金から始めることが出来る区分所有マンション投資は昔から人気があります。ただ、区分所有マンション投資は立地や投資法を間違えると毎月のインカムゲインが少なくなるとともに出口でのキャピタルロスが発生し、トータルで考えると投資を失敗してしまうリスクがあります。

  • 立地

    不動産投資を行う上でまずは家賃の決まり方について見て行く必要があります。当たり前の事ですが家賃は入居したいという需要と貸したいという供給によって価格が決まってきます。

投資用不動産の客付

投資用不動産の客付なら「マンション貸す.com」がオススメです。主な対象地域は「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県」と狭いですが「分譲マンション・一戸建て・一棟アパート・一棟マンション」に対応しており、あなたの物件を高く貸せる有能な仲介業者を見つける事ができます。

新築投資を検討

新築アパート、戸建賃貸、駐車場経営などを検討中でしたら「リビンマッチ土地活用無料一括請求」がおすすめです。上場企業を含めた様々な会社の賃貸経営プランを比較検討することができます。