区分所有マンション投資と立地戦略

こんにちは【波平の不動産投資】です。今回は区分所有マンションの立地戦略について書いて行きたいと思います。

区分所有マンション投資の立地

立地不動産投資では居住用の不動産投資だけでも一戸建て、区分所有、アパート、マンションがあり、太陽光発電や自動販売機、看板設置、駐車場、コインパーキング等の土地活用投資を加えると膨大な種類となります。

その中でも比較的、小額資金から始めることが出来る区分所有マンション投資は昔から人気があります。ただ、区分所有マンション投資は立地や投資法を間違えると毎月のインカムゲインが少なくなるとともに出口でのキャピタルロスが発生し、トータルで考えると投資を失敗してしまうリスクがあります。

区分所有マンションの立地

区分所有マンション投資は地域で大きく大別すると地方首都圏に分類でき、間取りではファミリー向けと単身向けに分類できます。

地方区分所有マンション投資 首都圏区分所有マンション投資
単身向け区分所有マンション投資 ファミリー向け区分所有マンション投資

この中で弊社が行っているのは地方での単身〜ファミリー向けの(中規模)区分所有投資のみです。個人的にはこのドメイン(事業領域)が最も儲かる区分所有マンションだと考えています。

区分所有マンションの立地戦略

区分所有マンション投資を考える場合、地方の単身者向け(ワンルームや1K)物件は2万円代の家賃水準になっており管理費、修繕積立金を考えると現在では投資として殆ど成り立ちません(一棟投資の場合、かなり安く買えば面白い投資にはなります!)

また、首都圏の単身者向けは安い物件を購入できれば面白いですがローンを使っての購入の場合、毎月のキャッシュフローが赤字になる可能性もあります(こちらも安く中古を買うことが出来れば面白い投資です)。

弊社で行っている地方の2DKや1LDK(リフォーム後に1LDKにします)の区分所有マンション投資は管理費や修繕積立金、固定資産税などを引いた後の実質利回りでも15%を超えており投資としてもある程度成功していると感じています。

これらの少しリッチな単身〜貧しいDINKS、ファミリーが使える間取りは出口戦略を考えた上でもかなりの買い手がいるので価格の値崩れがしにくいです。(実質)利回りが30%を超えるスーパーキャッシュ物件の場合、出口戦略を考えなくても投資、ビジネスとして十分成り立ちます(笑)

立地戦略

契約
これらの中規模区分所有(2DK、1LDK)などは地方の場合でも可能な限り駅近立地で戦う必要があります。ただ、都心のワンルームのように徒歩5分以内でなくても15分以内程度で十分戦えます。

地方の場合さらに近隣に駐車場があると強みになります(敷地内でなくても可)。どの投資法でも「自分が入居者だったらここに住むか?」「どういった人がここに住むか?」をイメージしながら投資を行うと自ずと答えが見つかるはずです。今回の記事が区分所有マンション投資の参考になりましたら幸いです。