不動産投資に適した立地

こんにちは【波平の不動産投資】です。今回は不動産投資に適した立地について買いて行きたいと思います。

家賃の決まり方

立地不動産投資を行う上でまずは家賃の決まり方について見て行く必要があります。当たり前の事ですが家賃は入居したいという需要と貸したいという供給によって価格が決まってきます。

供給が多くなれば価格が下がり、需要が多くなれば価格が上がります。しかし、需要が多くなったとしてもそれを上回る供給が行われれば価格は低下して行きます。

不動産投資に適した立地

不動産投資に適した立地としては入居希望者が増え、需要が上がるが供給が増えない地域です。

人気のある立地だとしても周辺に空き地(田んぼや畑や駐車場も含む)があり、今後多くの供給余地がある立地の場合、家賃の値下がりと同時に売却時の不動産価格の下落が起きる可能性が高いです。

IRRでも書かせて頂いた通り、不動産投資の利回りは売却した時に始めて確定します。人気が出ている地域だとしても大幅な供給余地があり、競争激化によって家賃が下がる地域や利回りの低下によって不動産価格の落ちる地域には可能な限り投資しない事が重要です。

今回の記事が大家さんにとって不動産投資や立地戦略の参考になりましたら幸いです。