1. ホーム
  2. 投資用不動産の売却
  3. ≫収益物件の売却時にかかる費用

収益物件の売却時にかかる費用

こんにちは【はじめての不動産投資】です。今回は不動産を売却したときの費用(コスト)について書いて行きたいと思います。関連記事につきましては「収益物件売却時の譲渡所得税」「収益物件の売買と消費税」をご覧ください。また、税理士へ不動産投資の税金を相談するのならばこちらの記事が参考になると思います。

不動産売却時の費用

不動産売却の費用
不動産売却
時には不動産購入時と同様、様々な費用(コスト)がかかります。購入時に比べると不動産取得税登録免許税がかからないため一般的には費用が安いと言われていますが、利益が出た場合等は譲渡所得税がかかりますし、借入を使っていればローンの繰り上げ返済手数料や抵当権抹消登記費用がかかり不動産購入時よりも諸経費が高額になる場合もあります。

ローンの繰り上げ返済手数料

借入をして不動産を購入している場合は、不動産売却時にローンの繰り上げ返済手数料がかかってきます。一般的に変動金利の場合、手数料は数千円など低額となっていますが長期の固定金利の場合、数十万円など高額なペナルティがかかる場合もあります。

不動産購入時に固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかの意思決定は何年後売却する予定なのかも考えて決める事が重要です!

譲渡所得税

税金
不動産売却時には利益が出ていれば譲渡所得税もかかってきます。個人の短期譲渡の場合、高い税率が適用されるため、数年で売却する予定ならば法人で購入した方がキャッシュが残ります。

5年を超えて売却する場合等は個人の方が法人より税率面では有利です。譲渡所得以外に消費税も関係してくるため、課税事業者、非課税事業者についての知識も学んでおく必要があります。

印紙税

契約書に貼る印紙税は不動産購入時も売却時もかかってきます。全体の金額に対すると小さな金額なのであまり気にする事はありません。ちなみに印紙代は下記のようになっています。

契約金額 本則税率 軽減税率
10万円を超え 50万円以下のもの 400円 200円
50万円を超え 100万円以下のもの 1千円 500円
100万円を超え 500万円以下のもの 2千円 1千円
500万円を超え1千万円以下のもの 1万円 5千円
1千万円を超え5千万円以下のもの 2万円 1万円
5千万円を超え 1億円以下のもの 6万円 3万円
1億円を超え 5億円以下のもの 10万円 6万円
5億円を超え 10億円以下のもの 20万円 16万円
10億円を超え 50億円以下のもの 40万円 32万円
50億円を超えるもの 60万円 48万円

抵当権抹消登記費用

抵当権を抹消するのに必要な費用です。1万円〜3万円前後が一般的で司法書士を使う事で行えますし、自身で行う事もできます。

仲介手数料

不動産の購入時と同様、仲介手数料がかかってきます。自身で買主を探し不動産の売却をする場合は仲介手数料はかかりません。しかし、単価が安価な物件の場合等は手間を考えると不動産会社にまかせてしまった方がよいでしょう!

売却時の費用まとめ

売却時にかかる費用を知った上で投資を行う場合と売却時にかかる費用を知らないで投資を行った場合では投資結果に大きな違いが出ます。全てを知った上で投資を行う事はできませんが可能な限り勉強した上で投資を行う事が成功の秘訣です。

今回の記事が不動産投資をする上での参考となりましたら幸いです。今後とも「はじめての不動産投資」をよろしくお願いいたします。

売却が得意な業者を探す

収益物件の売却が得意な業者を探すなら「収益物件の売却が得意な不動産会社を探す」をご参照ください。一括査定サイトを活用する事で優秀な不動産会社を見つける事ができます。

区分マンション投資を検討

比較的少額から始められる中古の区分所有マンション投資を検討中でしたらAI(人工知能)を活用した資産形成に実績がある【GA technologie】が良いでしょう!フォロー体制が充実しており、安心して始めることができます。

新築アパート投資を検討

優良企業へ新築アパート経営の無料資料請求をするなら教えて!アパート経営の資料一括請求がおすすめです。上場企業を含めた様々な会社のアパート経営プランを比較検討することができます。

中古一棟物件投資を検討

利回りが高い中古の一棟再生物件への投資を検討中でしたら武蔵コーポレーションの無料相談がおすすめです。リスクを抑えた中古物件で節税や資産形成を始めることができます。