1. ホーム
  2. 投資用不動産の売却
  3. ≫一括査定サイトを使った収益物件の売却

一括査定サイトを使った収益物件の売却

こんにちは「はじめての不動産投資」です。今回は一括査定サイトを使った収益物件の売却について書いていきたいと思います。

不動産投資では不動産を売却した段階でIRR(内部収益率)が確定し、投資全体の利回りが確定します。

運用期間中にいくら高利回りだとしてもキャピタルロスが出た場合、全体の収益(IRR)は低い値となってしまいます。なお、関連記事については「不動産投資で収益物件を可能な限り高く売る方法」で書いています。

売却が得意な業者を探す

収益物件の売却が得意な業者を探すなら「収益物件の売却が得意な不動産会社を探す」をご参照ください。一括査定サイトを活用する事で優秀な不動産会社を見つける事ができます。

一括査定サイトを使った収益物件の売却

不動産投資

不動産の売却相場をオンラインで調べる方法として2つの方法があることをご存知ですか?一つは「一括査定」、もう一つは「単独査定」です!一括査定とは複数の不動産業者から売却相場を調べることができる査定のことをいいます。

売却する不動産の種別、所在地、専有面積、間取りなどとあなたの住所、氏名、電話番号などを一回入力すれば複数の不動産業者から調査額の見積もりがとれるというシステムです。

一括査定のメリット

一括査定のメリットとしては複数の不動産会社に見積もりをお願いする事で大体の相場が判る点にあります。これによって安く売りすぎるのを防ぐとともにより高く売る事ができるようになります。

また、一括査定サイトが不動産会社を審査しているため悪徳な不動産会社に引っかかる可能性が低くなります。悪徳な不動産会社へ売却の依頼をしてしまうと「全く物件を売る事が出来ない」「市場価格に比べ大幅に安値で売却してしまった」など大きな損をしてしまう可能性があります。

適正相場を把握する事が出来る」「悪徳不動産会社へ依頼しないで済む」の2点が一括査定の一番のメリットです。

一括査定のデメリット

一括査定のデメリットとして住所、氏名、電話番号などの個人情報を入力しなければならないことがあげられます。さらに、複数の不動産業者からメールや電話がかかってきていちいち対応するのは結構面倒です。

個人情報の入力は一括査定でなくても必要な為、大きなデメリットではありませんが複数の不動産会社へ対応しなければならないのは煩わしいですしデメリットと言えます。

ただ、私もこの間売った収益物件で一括査定を使いましたが最近では一括査定を使っても1社からしか査定がこない事も多いです。特に投資物件で金額の安いオーナーチェンジの場合は仲介手数料の割には手続きが煩雑になるためやりたがらない不動産会社も多いです。

そのため特に目立ったデメリットは無いのですがあえて言うのならば「単独査定に比べ少し手間がかかる点」が一括査定のデメリットになります。

一括査定の物件売却まとめ
  • 一括査定で一番知っておいてもらいたいことは、複数の業者で査定価格を競う訳ですから、当然各社は少しでも高い査定価格を出してきます。しかし、その価格は最も上手く売れた場合の最高の価格だと言う事を覚えておいてください。
  • 一括査定では業者同士で競っている訳ですから査定価格は他社より高く見せかけておいて、不動産に出張査定にきたときの実際の査定額や最終的な売却値が安くなる事は一般的な事です。
  • 一括査定時の業者の選定としては価格だけで決めるのはリスクがあります。業者の見極めのコツとしてはメールの文面にあります「がっついた感じではないか?誠実な対応か?コンプライアンスを守っているか?不動産売却に関する知識はあるか?」など文面からある程度その業者の質がわかります。そして、こちらから業者に連絡をする際にはメールではなく、電話をかけて直接話す事で業者自身の雰囲気をつかむ事ができます。

単独査定による売却について

「単独査定による売却」とは一つの不動産業者に売却査定をお願いするものです。「一括査定」に比べると一社だけの見積もりだから査定価格が高いのか安いのか心配かもしれませんが、種別、立地、間取り、平米数などの情報を伝えるするだけで、あなたの不動産の最高売却値や平均売却値を調べることができます。

単独査定メリット

単独査定のメリットとしては一括査定に比べると手間がかからない点です。手間と言っても20分程度の手間ですが時給の良い仕事をしている方は20分でも1万円や2万円稼ぐ方もいますので手間がかからないのはメリットと言えるかもしれません。

私の場合はさすがに20分で1万円稼ぐ事は出来ないので一括査定サイトを使って、仲介手数料を競争させ条件が良く知識がある不動産会社と媒介契約を結んで売却活動をしています。

単独査定デメリット

単独査定のデメリットとしては1社からしか査定結果を得ることができないので客観的な価格を出しにくい点です。

また大手でも売るのが下手(値付けが下手)な会社があり不動産投資家に取って非常に美味しい(安い)値付けをする事で有名な大手企業もあります。そういった企業に単独査定で売却を依頼してしまった場合、大きな損を被る事になります。

収益物件の査定まとめ

不動産は査定や売却時期、不動産会社の力により売却値に数百万円の差が出る事も良くある事です。身近に優秀な不動産会社がいない場合は一括査定によって相場感を養うと共に息の合う業者を捜す事が重要です。

初めて不動産の売却をする方は少し大変ですが一括査定を行いよい業者とのパイプを作ると良いでしょう!

良い業者とのパイプが出来た後は信頼できる業者への単独査定を行い不動産の売却を行うことで、手間をかけず、適正な価格で売却が出来るようになります。

初めのうちは、とにかく沢山の査定会社で不動産の査定をしてもらい、相場感を養い、その中から一番自分にあった会社に売却を依頼することが重要です。

売却が得意な業者を探す

収益物件の売却が得意な業者を探すなら「収益物件の売却が得意な不動産会社を探す」をご参照ください。一括査定サイトを活用する事で優秀な不動産会社を見つける事ができます。