1. ホーム
  2. 投資用不動産の購入
  3. 地図関連
  4. ≫不動産投資と地図の知識

不動産投資と地図の知識

こんにちは今回は不動産投資と地図の知識について書いて行きたいと思います。地図に関する知識は区分所有マンション投資ではあまり必要ありませんが、「一戸建て投資」や「アパート投資」「駐車場投資」など土地に投資を行う場合に必要になる知識です。

私の場合は一戸建てやアパートに投資する場合、必ず14条地図もしくは公図を取得し周辺の土地の登記事項証明書を取るようにしています。また、接道する道路に番号がついている場合、私道の可能性があるため調査するようにしています。

不動産投資と地図の知識

不動産投資と地図の知識
  • こんにちは【はじめての不動産投資】です。今回は不動産投資を行う上でも是非見ておきたいハザードマップについて書いて行きたいと思います。

  • 建物図面 各階平面図とは新築による表示登記、床面積の変更や更正の登記、建物の分割、区分、合併の登記等の新生児に添付される建物の所在位置と床面積を記載した図面です。

  • 地積測量図とは、新たな土地の表示登記、地積の変更や更正の登記、分泌の登記等の申請時に添付される土地の面積を記載した図面のことです。

  • 今回は住居表示と地番について書いていきたいと思います。地番は投資用物件の調査をするために必要ですが住居表示が使われている地域では住居表示を地番に置き換えて調査しなければなりません。

  • 公図(旧土地台帳付属地図)とは土地の登記所にある地図の事です。普段見ている地図をさらに詳細にした物です。土地は「一筆(ひとふで)」「二筆(ふたふで)」という数え方をしますが、その一筆ごとに地番が割り当てられます。

区分マンション投資を検討

比較的少額から始められる中古の区分所有マンション投資を検討中でしたらAI(人工知能)を活用した資産形成に実績がある【GA technologie】が良いでしょう!フォロー体制が充実しており、安心して始めることができます。

新築アパート投資を検討

優良企業へ新築アパート経営の無料資料請求をするなら教えて!アパート経営の資料一括請求がおすすめです。上場企業を含めた様々な会社のアパート経営プランを比較検討することができます。

中古一棟物件投資を検討

利回りが高い中古の一棟再生物件への投資を検討中でしたら武蔵コーポレーションの無料相談がおすすめです。リスクを抑えた中古物件で節税や資産形成を始めることができます。