アパート一棟投資のメリット デメリット

今回はマンションやアパート一棟投資のメリットデメリットについて書いて行きたいと思います。不動産投資の種類としては区分所有投資、RCマンション一棟、木造アパート一棟投資、一戸建て投資などがあります。また、上記以外にもREIT(不動産投資信託)を使った投資方法もあります。

マンション アパート一棟投資

4

マンション、アパート一棟投資とはマンションやアパート一棟丸ごと購入する方法です。古くから行われている投資方法で、地主の方やお金持ちの方が相続税対策なども目的に行っていた投資方法です。

メリット

メリットとしては少ない取引回数で大きな家賃収入を達成できる点です。また、地方だとCATVの導入コスト等がかかる場合がありますが、そういったコストも一棟丸ごと購入する事でディスカウントでき、収益性が高まる可能性があります。一カ所に集まっているため、管理がしやすい点等もメリットですね!

デメリット

逆にデメリットとしては一カ所集中のため、物件自体に問題が発生した場合(自殺者、不良入居者など)家賃収入の下落や空室が発生してしまいます。

また、未来の事はどのような天才でも判らず、大学近くのアパート等は大学の移転によって空室率の増加、家賃の下落が発生する事もあります。

事実、東京のとある大学が移転した地域では家賃が半分くらいまで下落する自体が発生したアパートもあります。このような外部要因は保証会社や保険会社を使ってもリスクヘッジをする事ができないので借り入れを行い投資をする場合は注意が必要です。

アパート一棟投資まとめ

アパート一棟やマンション一棟へ投資する方法は不動産投資の中ではハイリターンハイリスクの投資方法となります。

投資する地域に多様なニーズがある場合はあまり問題がないかもしれませんが、学生だけのニーズがある、ある特定の企業へ勤務している方だけのニーズがある等、ニーズの偏りのある地域では大学移転、工場移転等によって一気に経営が悪化するリスクもある事を十分理解しておきましょう!

今回の記事が不動産投資をする上での参考となりましたら幸いです。今後とも「波平の不動産投資」をよろしくお願いいたします。