食品・水産・農林株

ブルドックソース(2804)の銘柄分析!業績・キャッシュフロー・各種指標の推移は?

こんにちは波平の株式投資ブログです。今回は家庭用ソース国内トップ企業であるブルドックソース(2804)の業績推移や投資指標について分析していきたいと思います。

ブルドックソースはブランド力、消費者独占力のあるソースを長年販売しており、注目している会社の一つです。

ブルドックソースのキャッシュフロー推移

ブルドックソースのキャッシュフロー(引用元:マネックス証券)

画像はブルドックソースの営業キャッシュフロー(投資CF)、投資キャッシュフロー(投資CF)、フリーキャッシュフロー(FCF)の推移です。

営業CFは横ばい傾向ですが、設備更新などにかかる投資CFが少ないためほぼ毎年FCFを出す事ができています。

直近13年間の平均PFCFR(株価フリーキャッシュフロー倍率)を計算すると「15,559百万円(時価総額)÷513.6百万円(13年間の平均FCF)=30.3倍(利回り3.3%)」となっており割安感はありません。

仮にFCFが大幅赤字だった2008年3月期と2018年3月期を除いて11年間のPFCFRを計算しても19.2倍なので営業キャッシュフローが横ばいの現状を考えると割高と言えるでしょう。

ブルドックソースとは

ブルドックソースは家庭用ソース、業務用ソースの製造・販売をしている企業です。主力商品は「ウスターソース」「とんかつソース」「中濃ソース」、万能調味料「うまソース」、和風スパゲティー素材「まぜりゃんせ」シリーズとなっており、子会社のイカリソースは「イカリ串かつソース250」「塩だれソース」を販売しています。

波平はブルドックソースへ投資するか?

各種投資指標

  • PBR(実):0.76
  • PER(予):26.2
  • ROE(実):3.84%
  • 配当利回り:3.14%
  • 経常利益率:6.00%
  • 営業利益率:2.53%
  • 自己資本比率:76.9%
  • 13年間の平均PFCFR:30.3倍

ブルドックソースの各種投資指標は上記の通りです。経常利益率や営業利益率は10%以下となっており、ビオフェルミンなどの高収益体質を誇る会社と比べると見劣ります。

また、割安感を示すPERやPFCFRは成長力の高い良品計画よりも高くなっており、割高感が強いです。ブルドックソースはブランド力を保有している会社ですが、ソースは売値に対する原材料・運送費の比率が高く、分析した限りでは物凄く儲かるビジネスではなさそうです。

そのため、波平は現時点で長期投資をする予定はありません。今回の記事が株式投資の参考になりましたら幸いです。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
波平(なみへい)

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代前半のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

-食品・水産・農林株

Copyright© 波平の株式投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.