波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代の人。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

高金利通貨

南アフリカランドの実質金利上昇!!

こんにちは最近の原油の下落は凄まじいですね!今回は南アフリカランドの実質金利と為替動向について考察して行きたいと思います。なお、現在の実質金利などについては「南アフリカランドでスワップ金利不労所得生活」で書いていますのでそちらをご参考頂けると幸いです。

南アフリカの政策金利

南アフリカランド

先日発表された南アフリカの政策金利は事前の予想通り5.75%でした!現在は原油価格の下落によってインフレ懸念が後退しており、金利を下げる事も出来ると思うのですが、金利を下げると投資資金が流出する可能性もあり中央銀行としては悩ましい状況だと思います。

南アフリカのインフレ率予想

南アフリカのインフレ率は南アフリカ中央銀行によると2015年は3.8%になるとの予想です!やはり原油価格の下落が影響しているようで経済に取ってはカナリの追い風になるでしょう!

南アフリカの実質金利

南アフリカの実質金利は5.75-3.8=1.95%となります。南アフリカランド/円などのスワップ金利用ポジションをつくる場合、この実質金利の数値は非常に重要です。

日本の政策金利は0.1%、インフレ率1%〜2%程度ですので実質金利はマイナスになります。

通貨は実質金利の低い方から高い方へ移動する性質がありますので今後、大きなショックが無い限りトレンドとしては南アフリカランド/円は底堅い展開が続くと考えられます。スワップ金利用のポジションを作るのには差益(キャピタルゲイン)も狙え良い通貨ペアだと考えられます。

よく利用している証券会社

SBIネオモバイル証券

【SBIネオモバイル証券】は最近利用している証券会社です。1株単位で投資を行うことができるため、投資単価の高い医療関連株や鉄道関連株などのポートフォリオを作る時や打診買いに利用しています。実質的な手数料はほぼ0円なので分散長期投資をする方にはお勧めできます。

松井証券

松井証券は昔から利用している証券会社です。少し前までは手数料無料の証券会社が殆ど無く、唯一、松井証券だけが10万円までの取引が無料だったので少額取引でよく利用していました。最近は50万円まで手数料0円となり上場企業の殆どの株を手数料0円で購入できます。

マネックス証券

マネックス証券も昔から利用している証券会社です。マーケットボードと銘柄分析スカウターが非常に使いやすく重宝しています。特に銘柄分析スカウターでは個別企業の10年以上の業績推移を一瞬で見る事ができるため、優良割安株を見つけるのに便利です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代の人。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

-高金利通貨

© 2020 波平の株式投資ブログ