自動販売機ビジネスについて

こんにちは【波平の不動産投資】です。今回は自動販売機投資について書いて行きたいと思います。

自動販売機ビジネスについて

自動販売機自動販売機一棟物件を保有している大家さんや駐車場コインパーキングなどを運営している大家さんが導入している場合が多いです。

一棟、持っている場合は近所にコンビ二が無い場合や寒い時期は住んでいる住人が購入してくれます。また、コインパーキングの場合、小銭を作る両替機代わりにコインパーキング利用者が使ってくれます。

最近のものだと電気代も2000円程度と安くなっており、月々のランニングコストも以前に比べると小さいです。自動販売機ビジネスは大きく大別すると自身で自販機を用意する投資方法と全てお任せの投資方法があります。もちろん自分で全て行った利回りは高いです。

自動販売機に入れることが出来るもの

自動販売機ビジネスは秋葉原等を散策すると参考になる自動販売機が沢山あります。おでん缶ラーメン缶などユニークな商品も数多く出てきており、自身で自販機を用意する場合、小さな小売店を作ることも出来ます。

自動販売機の導入コスト

自販機を自身で購入して設置した場合の導入コストは自販機の種類によりますがジュースタイプのもので50万程度〜となります。

タバコの自販機の場合、かなり安く手に入れることが出来ますし冷暖房が必要ないため月々のランニングコストが安いという特徴があります。

自販機ビジネスは市場規模も大きいことと人間に比べると月々のランニングコストが低いことからビジネスとしても魅力的です。今回の記事が不動産投資の参考になりましたら幸いです。