波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

欲しい株・事業 サービス業・その他製品

コクヨ(7984)の株分析ブログ!業績・CF・投資指標の推移は?

こんにちは波平の株式投資ブログです。今回は業界トップの文具メーカーであるコクヨの業績推移やキャッシュフローを分析していきたいと思います。

コクヨはパイロットコーポレーションと同様にブランド力のある文具を作成しているメーカーです。利益率はパイロットと比べると落ちますが、市場占有率が高く、キャッシュフロー推移が綺麗なので好きな会社の一つです。

コクヨ(7984)のキャッシュフローを分析

コクヨ(7984)のキャッシュフロー(引用元:マネックス証券)

画像はコクヨの営業キャッシュフロー(投資CF)、投資キャッシュフロー(投資CF)、フリーキャッシュフロー(FCF)の推移です。

パイロットと同様に綺麗な営業CF、FCFの推移となっています。破壊的なイノベーションが殆ど起こらない業界に属しているため、投資CFは殆ど必要無く、製造業ですが営業CFと同等額のFCFを叩き出しています。

波平が計算した直近10年間の平均PFCFR(株価フリーキャッシュフロー倍率)は「190,796百万円(時価総額)÷11,904百万円(10年間の平均FCF)=16.0倍」、直近5年間の平均PFCFRは「190,796百万円(時価総額)÷16,570百万円(5年間の平均FCF)=11.5倍」となっており割安感があります。

コクヨとは

コクヨは文具・事務用品のステーショナリー用品、家具のファニチャー用品、オフィス通販「カウネット」・小売の3事業をグローバル展開しています。

IoT文具・針なしステープラー・デジタルノート・テープカッターなどの新商品に注力しており、現在、家具のファニチャー用品の利益貢献が最も高くなっています。

文具優良企業コクヨとパイロットの投資指標を比較

コクヨ投資指標

  • PBR(実):0.82
  • PER(予):12.2
  • ROE(実):6.95%
  • 配当利回り:2.50%
  • 経常利益率:6.09%
  • 営業利益率:5.81%
  • 自己資本比率:68.2%
  • 5年平均PFCFR:11.5倍

パイロット投資指標

  • PBR(実):2.15
  • PER(予):11.3
  • ROE(実):22.99%
  • 配当利回り:1.12%
  • 経常利益率:20.19%
  • 営業利益率:20.12%
  • 自己資本比率:58.9%
  • 平均PFCFR:16.0倍

同じ文具メーカーに属するコクヨとパイロットの各種投資指標を比較すると上記のようになります。

収益力という点ではパイロットの方が遥かに優れており、利益率の高いビジネスを行う事ができています。

ROEについてもパイロットの方が遥かに高く、内部留保の投資効率が高いことを示しています。ROEはデュポン式で分解すると下記のようになり、パイロットの場合、当期純利益率がコクヨに比べ圧倒的に高いです。

ROEを分解

ROE (当期純利益/株主資本) = 売上高当期純利益率 × 総資本回転率 × 財務レバレッジ × 100 = (当期純利益/売上高) × (売上高/総資産) × (総資産/株主資本) × 100 = 売上高当期純利益率 × 総資本回転率 × 財務レバレッジ × 100

このように収益力という面で見ればパイロットの方が投資先として優れていますが、現在の保有資産という面で見るとコクヨも悪くないです(PBRで比較するとコクヨはパイロットの1/2以下のPBRです)。

現在コクヨはキャッシュフロー推移で見た通り膨大な現預金を保有しており、時価総額約1,908億円に対して、約823億円の現預金を持っています。

この膨大な現預金をROEの高い事業やM&Aへ振り分ける事ができれば会社全体としての利益率(当期純利益率やROE)が改善します。

波平はコクヨへ投資するか?

コクヨの長期チャート(引用元:https://kabutan.jp/)

いかがだったでしょう?波平にとってキャンパスノートなどを含めブランド力のある商品群を保有しているコクヨは魅力のある投資先と言えます。

残念ながらROEや利益率などの収益性はパイロットより低いですが、キャッシュフロー推移は良く、PFCFR(株価フリーキャッシュフロー倍率)などで見る限り割安感があります(そのため、株価次第では長期投資を行うと思います)。今回の記事が株式投資の参考になりましたら幸いです。

波平がよく利用している証券会社

SBIネオモバイル証券

【SBIネオモバイル証券】は最近利用している証券会社です。1株単位で投資を行うことができるため、投資単価の高い医療関連株や鉄道関連株などのポートフォリオを作る時や打診買いに利用しています。実質的な手数料はほぼ0円なので分散長期投資をする方にはお勧めできます。

松井証券

松井証券は昔から利用している証券会社です。少し前までは手数料無料の証券会社が殆ど無く、唯一、松井証券だけが10万円までの取引が無料だったので少額取引でよく利用していました。最近は50万円まで手数料0円となり上場企業の殆どの株を手数料0円で購入できます。

マネックス証券

マネックス証券も昔から利用している証券会社です。マーケットボードと銘柄分析スカウターが非常に使いやすく重宝しています。特に銘柄分析スカウターでは個別企業の10年以上の業績推移を一瞬で見る事ができるため、優良割安株を見つけるのに便利です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
波平(なみへい)

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット氏

-欲しい株・事業, サービス業・その他製品

Copyright© 波平の株式投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.