合同会社の設立と節税

こんにちは「山田太郎の不動産投資」です。今回は不動産投資と節税のための会社設立(合同会社設立)について書いていきたいと思います。

私自身も行政書士として大家さんの会社設立を行っていますが大家さんには初期費用が高い株式会社よりも合同会社の方がオススメです!!合同会社は自分で作ったとしても難しくないですし、行政書士や司法書士を使ったとしても士業報酬10万円以下で作成することができると思います。

合同会社の設立

会社設立

合同会社とは2006年に施行された会社法によって新たに規定された会社形態です。英語でlimited liability companyと表記されLLCとも呼ばれています。一般的には株式会社より小規模な事業に適しています。

合同会社のメリット

合同会社(LLC)のメリットとしては下記のようになります。

  • 定款の認証が不要なため株式会社に比べ設立費用が安い
  • 取締役の人気が自由なため株式会社に比べ手間がかからない
  • 決算公告の義務がないため株式会社に比べ維持費が安い
  • 株式会社に比べ登録免許税が安い

このように合同会社は初期費用が安く会社維持の手間と費用がかからない点に特徴があります。逆にデメリットとしては知名度があまりない点ですが不動産投資(大家業)を行う上では知名度は必要ないので合同会社で十分でしょう!

合同会社の設立費用

株式会社の設立費用は登録免許税150,000円、定款印紙代40,000円、定款認証手数料50,000円となっており、最低でも240,000円〜(電子定款の場合でも200,000円〜)の費用が必要となります。

合同会社の場合、株式会社に比べると格段に設立費用が安く済みます。登録免許税で60,000円、定款印紙代で40,000円の100,000円〜となっており行政書士などの専門家へ依頼すれば電子定款を作成してもらえるので実費は60,000円〜で設立を行う事ができます。

合同会社と節税

住宅と用途地域

会社設立の節税方法は立場によって様々なものがありますが自営業の方が会社を作る場合は自営業側の青色申告65万円所得控除と給与所得控除(65万円〜)を併用したり、消費税課税事業者(個人or法人)を使い分けたり様々な方法があります。

私も一つ合同会社を持っていますが個人事業主で不動産投資をしている方にとっては、殆どの方にとって節税になりますのでオススメできます。また、譲渡所得税でも書かせていただきましたが法人と個人は税体系が異なるため、例えば短期(5年未満)で売却する可能性がある不動産は個人ではなく、法人で購入した方が一般的に実効税率が低くなります。

不動産投資をこれから初めようと考えている方にとっては会社を設立しても、あまりメリットがないかもしれません。しかし、すでに不動産投資を行っている方にとっては会社設立は大きなメリットになると思います。今回の記事が不動産投資の参考になりましたら幸いです。

大家業に強い税理士を探す

大家業に強い税理士を探すなら「不動産賃貸業におすすめな顧問料が安い税理士の見つけ方」をご参照ください。大手の税理士紹介サイトを使うことであなたの希望にあったコスパの高い優秀な税理士を見つけることが出来ます。