欲しい株・事業 自動車・輸送用機器・陸運

日本パーカライジング(4095)の業績・キャッシュフロー・各種指標の推移は?

投稿日:2019年9月6日 更新日:

こんにちは波平の株式投資ブログです。今回は金属表面処理の専業メーカーの日本パーカライジング(4095)のキャッシュフロー推移や業績推移について分析していきたいと思います。

日本パーカライジングのキャッシュフロー推移

日本パーカライジング(引用元:マネックス証券)

画像は日本パーカライジング(4095)の営業キャッシュフロー(営業CF)、投資キャッシュフロー(投資CF)、フリーキャッシュフロー(FCF)の推移です。

営業CFは右肩上がり、FCFも右肩上がりで13年間でFCFが赤字になったことが一度もありません。オービックほどのキャッシュフロー推移ではありませんが、波平が好きな業績推移と言えます(オービックは競争力がありCF推移は綺麗ですがPFCFRが割高なので買っていません)。

日本パーカライジングの13年間の平均PFCFR(株価フリーキャッシュフロー倍率)は「153,158百万円(時価総額)÷6,469百万円(13年間の平均FCF)=23.7倍(利回り4.2%)」、直近4年の場合平均PFCFRは「153,158百万円(時価総額)÷10,546百万円(4年間の平均FCF)=14.5倍(利回り6.9%)」となり、今後も直近4年程度の傾向が続くのならば悪くない株価水準と言えます。

波平
以前分析したパーカーコーポレーション(9845)は日本パーカライジングの持分法適用会社となっており、どちらも綺麗なキャッシュフロー推移で好感が持てます。基本的にこのようなFCFを毎年出せている会社へ長期投資をすれば負ける可能性は限りなく0に近いです。

日本パーカライジングとは

日本パーカライジングは薬品(金属表面処理剤・防錆油・工業用洗浄剤の製造販売)、加工(受託加工処理/防錆・熱処理・めっき加工)、装置(金属表面処理装置・塗装機器の製造販売)の各事業を展開しています。金属表面処理は国内トップとなっており、あらゆる素材表面に新しい機能を付与する表面処理の開発を推進しています。

日本パーカライジングの業績・指標分析

日本パーカライジングの利益率(引用元:マネックス証券)

各種投資指標

  • PBR(実):0.98倍
  • PER(予):11.6倍
  • ROE(実):8.19%
  • 配当利回り:約1.89%
  • 13年間の平均PFCFR:23.7倍

日本パーカライジングの利益率推移や各種指標は上記のようになっております。BtoB事業が主力なので消費者独占力やブランド力という意味では評価は低くなってしまいますが、キャッシュフローの推移が綺麗で会社に現預金が蓄積されている点は高評価です。

業界的には自動車などの最終製品は自動運転や電気自動車などのイノベーションにより最終メーカーの優劣が逆転する可能性を秘めていますが、金属表面処理業を行なっている日本パーカライジングへの影響は限定的と考えています。

波平は日本パーカライジングへ投資するか?

日本パーカライジングはBtoB事業をメインで行なっています。また、ROE水準は10%以下と高くないためウォーレン・バフェットならば投資する可能性は低いでしょう。

波平はROE(自己資本利益率)は重視していますが会計基準や会計方法によって大きく数字が変わりますので、どちらかというと改ざんしにくいキャッシュフローでの分析を重視しています。

現在、PER(株価収益率)では割安感がありますが、13年間の平均PFCFR(株価フリーキャッシュフロー倍率)は若干割高な水準と言えますのでスグに投資する可能性は低いでしょう。今回の記事が株式投資の参考になりましたら幸いです。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
波平(なみへい)

波平(なみへい)

高校生の時から株式投資をしている30代前半のオッサン。10代から始めた株式投資と20代前半から始めた不動産投資・事業経営で財を作り20代後半からセミリタイア中。趣味は旅行とビジネスと投資なのでセミリタイアしたけど小さな会社の経営や投資をしています。保有資格は行政書士・宅建士(未登録)・経営系の修士号など。尊敬している投資家はウォーレン・バフェット

-欲しい株・事業, 自動車・輸送用機器・陸運

Copyright© 波平の株式投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.