1. ホーム
  2. 投資用不動産の運用
  3. 媒介契約
  4. ≫不動産投資に必要な媒介契約と法令知識

不動産投資に必要な媒介契約と法令知識

こんにちは今回は不動産投資で必須の知識である媒介契約と法令知識についてまとめて行きたいと思います。媒介契約は不動産賃貸時のみではなく不動産売却時にも必要となる知識です。

媒介契約と法令知識の記事一覧

媒介契約の関連記事
  • オーナーチェンジとは不動産の賃借人がいる状態で不動産の所有権が移転する事を指します。投資用不動産などではよく行われますが、敷金や礼金、権利金等についてどのように新所有者へ移転するかを知る事は不動産投資をする上で非常に大切な知識となっています。

  • 専任媒介契約は専任専属媒介契約と専任媒介契約に分類する事ができます。両方とも顧客が複数の宅建業者へ重ねて依頼する事ができない契約方式となっています。

  • 一般媒介契約とは顧客が複数の宅建業者へ重ねて不動産の賃貸や売却を依頼する事ができる媒介方法です。

  • 今回は不動産売買において知識として絶対に持っていなければならない不動産売買における宅建業者への報酬額について書いて行きたいと思います。

  • 今回は定期借家契約と普通借家契約について書いていきたいと思います。不動産賃貸業(大家業)において定期借家契約を上手に使うと賃料滞納などのリスクを低減する事が出来ます。

法令知識の関連記事
  • 今回はアパート経営で必要となる消防設備点検について記載して行きたいと思います。私の場合、マンション一棟物件は保有しておらず、アパートについても2戸のアパートなど小さい物件しか保有していないので消防点検は必要ありません。

  • 家賃滞納による賃貸借契約の解除については1ヶ月や2ヶ月滞納しただけでは大家側から簡単に解除する事は出来ません。賃貸借契約のような継続的な契約では借主の経済状況が一時的に悪化し、賃料の支払いが困難になる可能性があるからです。

  • 貸地契約において借主が貸主に対し借用物の固定資産税相当額のみを支払っている場合は賃貸借ではなく、負担つきの使用貸借に過ぎないとするのが最高裁の判例です(昭和41年最高裁判決)。

  • 今回は地震や瑕疵によって他人に損害が発生した場合の大家の責任について書いて行きたいと思います。

  • 所有権などの権利のない他人の土地を利用し水道、ガス管を引き込む事ができるかと言った問題について書いて行きたいと思います。

  • 囲繞地通行権とは公道に直接通じていない土地(袋地)の所有者が、その袋地を囲んでいる他tの土地(囲繞地)を、その所有者の承諾を受けないで通行し、公道まで出られる権利です。

媒介契約と法令知識まとめ

不動産投資では上記以外にも様々な法令に関する知識が必要になります。不動産投資に役立つ資格でもまとめていますが、宅建士などは不動産投資に関する幅広い知識を学ぶ事が出来ますのでオススメです。

投資は物件を買ったらそこで終わりではなく客付け、運営、売却をして初めて投資として完成します。日々勉強のつもりで色々な事を吸収する事が投資で成功する為のコツだと考えています。

築古投資にも役立つ資料請求

すでに不動産投資をしている方やこれから不動産投資を始める方にオススメなのが利用者数400万人以上を誇るスマイスター土地活用無料一括請求です。新築一戸建賃貸・高齢者住宅・駐車場経営・アパート建設・マンション建設など様々な投資プランを比較検討する事ができます!新築物件投資はもちろん中古のボロ物件投資にも活用できる情報が満載です!